帯状発疹情報カテゴリの記事一覧

帯状発疹の症状

痛みの症状を見て、まさか帯状疱疹の痛みだとはお分かりにならないかも知れませんが、実際の帯状疱疹の症状なんです。ある方の帯状発疹の症状は、最初背中の痛み。皮膚の『表面は発疹も何もなくて』、ただ背中だけが痛かった。湿布をしたり、肩こりを揉みほぐしてマッサージしても痛みは取れない。『内側に』な何かすごい痛いのがあって、それがうねってるような感じ。それから1週間後背中から胸にかけて、発疹が出た。しかもそれは、体の左半分にだけ現れた。発疹が体の『半分しか出ない』。発疹と痛みの関係は人によって様々です。ある方は、右の頭部に発疹が出ました。程なく、皮膚は回復しましたが、逆に痛みはひどくなっていったといいます。針を『中から』突き刺す、チクチクしていたそうです。痛みが引かないため、外にも殆ど出られなくなってしまったんです。体が動かないのがこんなに辛いのか、自分ではやりたいことができない、夢も希望もないような、そんな感じになってしまった。寝返りをうつこともできず、熟睡できない日が3ヶ月も続いたそうです。

>>帯状疱疹に、免疫力アップの方法はこちら


>>≪癌≫医者嫌いの私の父も実践済ガン治療に最も効果的な食事法はこちら

帯状発疹の痛み

帯状発疹の症状の痛みは、人それぞれに感じ方が違いますが、NHKのためしてがってんで調査したところ、帯状発疹の痛みをこんな風に感じているそうです。帯状疱疹の痛みは針で刺されたような痛みだとか、締め付けられるような痛み、ナイフでえぐられるような痛み、肋骨が折れたような痛み、火であぶられているような痛み、電気が走るような痛みと表現されています。俳優の高橋英樹さんも帯状疱疹になったことがあるそうです。
お腹の周りに出たので、仕事で着物を着る時や洋服が触って、針をさしてるような痛さ「こんな痛いものは・・・たまらない痛さ」寝返りもうてず、飛び上がるほどの痛さで夜は眠れなかったそうです。30年くらい前に帯状疱疹になった頃は、治療法もあまりなく、薬は軟膏だけで全然効かなかったそうです。


>>「帯状疱疹はこうすれば治る」本はこちら

Powered by Seesaa

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。