帯状発疹の痛み

帯状発疹の症状の痛みは、人それぞれに感じ方が違いますが、NHKのためしてがってんで調査したところ、帯状発疹の痛みをこんな風に感じているそうです。帯状疱疹の痛みは針で刺されたような痛みだとか、締め付けられるような痛み、ナイフでえぐられるような痛み、肋骨が折れたような痛み、火であぶられているような痛み、電気が走るような痛みと表現されています。俳優の高橋英樹さんも帯状疱疹になったことがあるそうです。
お腹の周りに出たので、仕事で着物を着る時や洋服が触って、針をさしてるような痛さ「こんな痛いものは・・・たまらない痛さ」寝返りもうてず、飛び上がるほどの痛さで夜は眠れなかったそうです。30年くらい前に帯状疱疹になった頃は、治療法もあまりなく、薬は軟膏だけで全然効かなかったそうです。


>>「帯状疱疹はこうすれば治る」本はこちら

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。